求人情報

【2021年9月】求人募集!子どもや若者の未来をつくる仕事5選

志あるソーシャルビジネス・NPO・ベンチャー企業の求人情報サイト「DRIVEキャリア」から、今月も、さまざまな方法で子どもたちの未来をつくるお仕事を紹介します。

今月は、「子どもや若者の居場所づくりの事務局」「教育現場の現状や社会問題の広報」「ユースセンターの運営」「テクノロジー教育の政策提言」「子どもの貧困解決に取り組む団体の財務経理マネージャー」についてご紹介!

「今の仕事もやりがいはあるけど、もっと志を持ったおもしろい仲間たちと働きたい」「地元に帰って、子どもたちと関わる仕事はないものか」等とお考えの方、どうぞお見逃しなく!

子どもや若者が安心できる居場所づくりを30年。理事長を支える秘書兼事務局員を募集!

オススメの求人その1は、特定非営利活動法人フリースペースたまりば(神奈川県)です。

特定非営利活動法人フリースペースたまりば

「生きている ただそれだけで祝福される社会を目指して」をモットーに、川崎市を中心に30年間、不登校・ひきこもりの子ども・若者たちが安心して過ごせる居場所づくりを行ってきた特定非営利活動法人フリースペースたまりば。

近年は、教育・福祉を中心に多岐にわたる社会的課題に向き合う中で、事業の幅も広がっています。今回、組織の中心に立って走り続ける理事長を一番近くで支え、運営基盤づくりを担う秘書兼事務局スタッフを募集します。

期待されるのは、フリースペースたまりばの居場所づくりを今後も安定して継続するための基盤強化に貢献すること。多種多様な依頼が持ち込まれる理事長をサポートしながら、今、社会で求められている生きづらさを抱える子ども・若者たちの居場所を育て続けるために、仕事を通して組織を支えていただきます。

理事長をはじめ、多様な関係者や仲間とのコミュニケーションにあふれる環境の中、変化に対する柔軟性、冷静な判断力も求められる現場です。

仕事のやりがいは、子ども・若者が安心して過ごせる居場所づくりを体感できること。不登校やひきこもり、障がい、生活困窮など、社会的な困難を抱える子ども・若者を支えるフリースペースたまりばが、30年間続けてきた事業がどんなふうに社会問題解決へと導いているのかを経験を通して実感することが可能です。また、仲間をはじめ、学校や行政機関などとの交流も多く、常に出会いや学びに満ちています。

子ども・若者を真ん中に置いた事業づくりを徹底しているフリースペースたまりばの考えに共感される方、これまでの経験やスキルをもとに子ども・若者を取り巻く環境を改善したいという想いの方、ぜひご応募ください。

【在宅勤務メイン】教育現場からみえる社会問題を発信し、気づきを広げる。“攻め”の広報

オススメの求人その2は、認定NPO法人カタリバ(東京都)です

認定NPO法人カタリバ

2001年、高校生の心に灯をともす「出張授業カタリ場」の運営から活動をスタートさせた認定NPO法人カタリバ。「どんな環境に生まれ育っても、未来をつくりだす力を育める社会」を目指して、地域に根差した子どもたちの居場所づくりなどを続けてきました。

時代の変化にあわせて、柔軟に、スピーディに事業を展開してきたカタリバ。事業拡大にあわせて組織も成長し、職員数は約130名、経常収益12億円を超える日本有数のNPOに。今年4月には、創業20周年という節目を迎えました。

また、2020年秋に広報専任チームを立ち上げ、「攻めの広報」の実現に向けて戦略を立案・実行しています。子どもたちの学習現場での現状と、これからの20年でカタリバが描こうとしているビジョンを発信していくことを重要視している広報チームで、ともに走りながら理想の広報を追求していく仲間を募集します。

主な仕事内容は、各メディア媒体の対応と社内メディアの発信を通して、カタリバらしい情報発信をカタチにしていくこと。教育NPOとして注目度の高いカタリバの広報を、ゼロから企画し、「カタリバ式攻め」の広報へと導いていく醍醐味を感じられるポジションです。

カタリバが普段、地道に積み重ねている活動が子どもたちに届いていることを実感できる瞬間も多い広報の仕事。仲間や子どもたちからの学びを仕事に活かせることも大きなやりがいです。

ソーシャルセクターの広報のトップランナーを目指して、カタリバだからこそ生まれる広報のカタチの実現にチャレンジしたい方、仕事を通して目に見えない教育格差をなくしたい方、挑戦してみませんか?

10代の子どもにとって“居心地のいい”場をつくる。ユースセンターの現場スタッフ募集

オススメの求人その3は、特定非営利活動法人3keys(東京都)です。

特定非営利活動法人3keys

「どんな環境で生まれ育っても、十分な教育や愛情が受けられる、すなわちすべての子どもの権利が保障される社会」を目指して活動をしている特定非営利活動法人3keys。行政で制度化・予算化されないことでも、子どもたちにとって必要なことであれば支援体制をつくり、提供し続けてきました。事業も子どもたちの声を中心に変化させ、本当に必要なサポートを追求しています。

そんな3keysで募集しているのは、子どもたちへのセーフティネットづくりとして展開しているオフラインの居場所、ユースセンター「3(さん)」の現場スタッフ。施設のような雰囲気ではなく、家にいるようなのんびりした雰囲気の中で、目的がなくても居心地よく過ごせる場を仲間と一緒につくっていただきます。子どもたちにとって、安心、安全で「静的な居場所」がユースセンターの目指すコンセプトです。

3keysによると、近年、子どもたちにとって、親や教師など普段接する大人がとても限られている中、頼れる大人はなかなか身近にはいないのが現状なのだそうです。さらに、虐待や貧困など困難な状況に置かれている子どもに関しては、状況は深刻とのこと。

ユースセンターでは、そんな子どもたちに寄り添うことが最も求められます。一人ひとりの悩みを一緒に解決していく、とても重要な仕事を担います。

大人がつくった世界で生きる子どもたち。ユースセンターに訪れるまでに深く傷つき、大人や他人に心を開くまでに時間がかかる場合もあるそうです。こうした子どもたちに寄り添える人が必要とされています。3keysの想いや活動に共感し、子どもたちにとって静かに過ごせて、心から安心できる場をつくりたいという方、ぜひご応募ください。

公教育のテクノロジー教育を仕組みから変える!政策提言担当を募集!

オススメの求人その4は、特定非営利活動法人みんなのコード(東京都)です。

特定非営利活動法人Learning for All

「全ての子どもがテクノロジーを楽しむ国にする」をミッションに、全国の小中高校でプログラミング教育の支援や学校外でのテクノロジーの居場所作りをしている特定非営利活動法人みんなのコード。現在は、こうした取り組みを拡大しながら、2030年の学習指導要領に向けてカリキュラム研究、教材開発、政策提言等にも取り組んでいます。

全国の子どもたちにテクノロジー教育を提供するため、みんなのコードの活動や現場の声、諸外国の状況等を、官僚や政治家、有識者など政策形成の関係者により伝えていく活動を加速。今回、コミュニケーションを重点的に広げていく政策提言担当を募集することになりました。

主な仕事内容は、みんなのコードが学校で行った取り組みの情報提供、学校視察のアレンジ、官僚や政治家が次に実現したい政策にあわせた知見の提供など。一方的に提言するだけでなく、官僚や政治家の状況や課題感にあわせたアクションを起こすことも期待される現場です。目指すのは、みんなのコードが考える未来をつくる仲間を増やしていくこと。

ITやプログラミングの知識はなくても興味関心があれば挑戦できるポジションですが、「公教育とテクノロジーの可能性を信じること」を大切に、可能性を切り拓いていただきます。

大きなやりがいは、日本の公教育の基準を創る最前線でテクノロジー教育への変化を感じられること。また、意欲的な授業を一部の学校だけにとどめるのではなく、全国の学校へと広げるための仕組みづくりに携われます。これらは、すべての子どもたちがプログラミングを楽しめる環境づくりを進めるみんなのコードだからこそ実感できるやりがいです。

学校教育で、「テクノロジーで身近な人の課題を解決できる生徒」を育むために必要なカリキュラムや教材等についても研究を始め、大きなチャレンジへと挑もうとしているみんなのコード。一緒に未来の教育をつくることに関心ある方、得意なコミュニケーション力をもとに同じ想いの仲間を増やし、子どもたちの教育に貢献したい、子どもたちの生きる力を育むことに役立ちたいという方、お見逃しなく!

「子どもの貧困」をなくす支援の形を全国へ。組織改革も推進する財務経理マネージャー候補

オススメの求人その5は、特定非営利活動法人Learning for All(東京都)です。

特定非営利活動法人みんなのコード

「子どもの貧困に、本質的解決を。」をミッションに、小学1年生から高校生までの困難な事情を抱えた子どもたちを支援している特定非営利活動法人Learning for All。年間で約1,000人以上の子どもたちに、学習支援事業と居場所事業を届けています。

さらに、地域の様々なステークホルダーと協働して、成長段階に合った支援を切れ目なく実現するための「地域協働型子ども包括支援」を展開。このモデルの全国展開も視野に入れて活動を進めています。

事業が拡大している中で、組織的にも大きな成長期を迎えています。行政との連携も増えるなど事業の需要がより高まっているLearning for All。特に財務経理をはじめ組織基盤を強化するため、財務経理マネージャー候補を募集することになりました。

採用された方には、経理・財務・総務を中心とした、経営管理(バックオフィス)のプロジェクトマネージャーとして活躍していただきます。また、組織が地域に根差した支援の形を全国展開し、Learning for Allが起こしたい変化を実現するために必要な組織のあり方や基盤づくりをともに探り、実現していくことも考え、行動していただきます。

現場では、子どもたちが抱える社会問題を、根本的に解決したいという同じ思いを持った社内外の仲間たちとともに真剣に事業や業務に取り組むことができます。また、経営管理(バックオフィス)から組織の基盤を支えると同時に、組織改革にも積極的に関わることで、事業と組織、さらに自分の成長も大きく実感できる仕事です。

Learning for Allの想いと事業に共感された方、経営管理の経験を活かしつつ、組織改革にも挑戦したい方、ぜひご応募ください。仲間とともに子どもたちの社会問題解決を着実に進め、笑顔を増やしていきましょう。

※求人募集は、決まり次第終了いたします。他の教育・こども関連の求人にも関心がある方は、DRIVEキャリアをご覧ください。
Author:DRIVEキャリア
DRIVEキャリアは、ソーシャル・NPO・ベンチャー・スタートアップの求人情報を紹介する「世界を変える、未来を創る仕事に出会う求人サイト」です。条件面だけではなく、「働く人の思い」と「仕事のやりがい」そして「組織の目指すビジョン」を丁寧に紹介しています。運営者のNPO法人ETIC.(エティック)は、社会の未来をつくる人を育むNPO法人です。
この記事が気に入ったら
「いいね!」や「フォロー」をお願いします。
最新情報をお届けします。
Eduwell Journal
タイトルとURLをコピーしました