「武田緑」に関する記事の一覧

デンマーク

幸福度世界一のデンマークの教育とは?(後編)-一人ひとりの思いや意志を尊重し、対話から民主主義を学ぶ

教育と福祉の充実で知られる北欧。その中でも特に、幸福度の高さで注目されているのがデンマークです。デンマークは、GDPに占める教育予算の割合がOECDの中でも最も高い国の一つです。本記事は、海外教育視察をサポートしてきた武田緑さんのレポートとなります。根底にある、デンマークで大事にされている教育観とはどのようなものなのか、本記事を通してご紹介していきます。
デンマーク

幸福度世界一のデンマークの教育とは?(前編)-非競争的な教育が根付き、QOL(生きることの質)を重視

教育と福祉の充実で知られる北欧。その中でも特に幸福度の高さで注目されているのがデンマークです。デンマークは教育選択の自由が保障され、ホームスクーリングも選択肢の一つとして認められ、必要があれば親が学校を設立することもできます。また、18歳以上の国民に、生涯に渡って開かれている学びの場もあります。海外教育視察をサポートしてきた武田緑さんのレポートです。
オルタナティブ教育

子ども観や学び観を転換していく必要がある-多様な教育の博覧会「エデュコレ」主催・武田緑氏インタビュー(後編)

先駆的な教育を行っているのは海外だけではありません。従来の教育の枠組みを超え、特徴的かつ魅力的な教育の取り組みが日本の各地で行われています。一斉授業するだけが、教育ではありません。人の価値観や考え方が多様化している現在、教育の在り方ももっと多様かつ柔軟であるべきです。多様な教育の博覧会「エデュコレ」を主催している武田緑さんにお話を伺いました。
オルタナティブ教育

多様な子どもに開かれた「学びの場」を増やしたい!-多様な教育の博覧会「エデュコレ」主催・武田緑氏インタビュー(前編)

先駆的な教育を行っているのは海外のみならず、日本の各地でも、従来の教育の枠組みを超え、特徴的かつ魅力的な教育の取り組みが、いくつか行われています。子どもたちに合わせた形で、教育の在り方そのものが変化していけるように、多様な教育を知る機会がもっと必要!そんな想いで「エデュコレ」を主催している武田緑さんにお話を伺いました。
タイトルとURLをコピーしました