「高校中退」に関する記事の一覧

高校中退

高校を辞めたい!「中退」と「転校・編入」のどっちが良いの?-何を求めているか考え、自分の意志で選択することが大切

高校を辞めて新しい生活を始めたい思った時、中退した方が良いのか、転校・編入した方が良いのか、非常に悩ましい点です。学校に相談すると転校・編入を勧められることが多いですが、自分が何を求めているかで何を選択すべきなのかが変わってきます。本記事では、高校を辞めたいと悩んだ際、考え方のヒントとなることをご紹介します。
高校中退

高校中退した子どもを持つ親が注意すべき接し方-家族がやってはいけないコミュニケーションとは?

もし、自分の子どもが高校中退したら、どのように接すれば良いのでしょうか?子どものことを心配するあまり、知らず知らず子どもを追い詰めるコミュニケーションになってしまっていることがあります。何でも話せる関係性を保つためには、どのようなことに注意する必要があるのでしょうか?高校中退したお子さんとの関わり方やコミュニケーションのポイントをお伝えしていきます。
高校中退

高校中退したら高卒認定を取るべきか?-高卒認定をおすすめする5つの理由

何らかの理由で高校を中退してしまった後、通信制高校や定時制高校に編入する選択肢の他に、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)を取るという選択肢があります。今回の記事では、高卒認定を取得することのメリットについて、大きく5つに分けてご紹介します。進学や就職など、次のステップを目指すきっかけとなることを願います。
高校中退

高校中退後に就職して働きたいと考えているアナタへ-高校中退者が採用され難い理由と就職活動の留意点とは?

高校を中退してしまった場合、就職をしたいと思ってもなかなか就職できない現状があります。なぜ、高校中退後の就職が難しいのか、それには理由がありました。企業側の目線も踏まえながら、ポイントを押さえながら就職活動をすれば、就職できる可能性は十分にあります。本記事では、高校中退者の就職活動のポイントについてお伝えしていきます。
学習支援

高校中退のひとり親の学び直しを支える-将来の選択肢を広げる!学び直しを阻むいくつものハードルとは?

様々な事情を抱えて「高校中退」という選択肢を取らざるを得なかった方の中には、一人親として子育てをしている方も存在します。高校生の妊娠や一人親になることへの見方は厳しく、退学させてしまう学校も存在しますが、突き放すことが本当に良いことなのでしょうか。「高校中退」をした方の、新たな「学び直し」を支えていくために必要な支援について、本記事を通して考えていきたいと思います。
学習支援

夜の世界で働く若者のための学習支援サービスとは?-高校中退から高卒認定を取得し、将来の選択肢を広げる

「高校中退」という学歴では、就ける仕事が限られており、建設現場や水商売の仕事で稼ぐしかないという人も少なくありません。「高卒認定」を取りたい気持ちはありつつも、どうやって勉強したらいいかわからず、前に進めない場合が多いのが現状です。そんな人たちを支援しようと、関西の一般社団法人が、夜のお店で勉強会を行う取り組みを始めました。どのような価値をもつ機会となったのでしょうか?
高校中退

高校中退後の人生の進路選択とは?(後編)-中退経験を「ふつうの高校生」には得られない成長の機会に変える

高校中退は、社会経験の量や手本となる先輩の存在が少ないことから、その後の人生のハンデとなることがあります。不登校や高校中退など学校教育をドロップアウトした人たちの支援をしている筆者は、高校を中退したとしても、「資格」・「印象(もしくは行動)」でその後の道を開くことはできる、と述べています。どのように切り開いていけばよいか。本記事を通してご紹介します。
高校中退

高校中退後の人生の進路選択とは?(前編)-まず「高校中退を乗り越えた」という根拠・武器を手に入れよう!

高校中退は、その後の人生のハンデとなることがあります。社会から見た高校中退者の印象は「学歴や資格もなく、普通に行けるはずの高校を辞めているのだから何か問題(精神的に弱い・素行不良など)があるのではないか」と見られてしまいがちですが、精神的な強さも弱さも人それぞれで、高校中退者だからと一括りにはできません。今回は、高校中退後の具体的な進路選択について、考えてみたいと思います。
高校中退

高校中退して次の進路に悩んでいるキミに伝えたいこと-高校中退後に訪れる2つのしんどい波を乗り越える

高校中退後のしんどさには2つの波があるように思います。そしてその波を乗り切った者は、高校中退を感じさせない未来を生きているように思えます。高校中退者が持つ背景は複雑で困難で多様。進路という面だけを切り取って語ることにどれほどの意味があるのかは分かりませんが、しんどさの中身を具体的に見ていきたいと思います。
タイトルとURLをコピーしました