告知・募集

【まとめ】オススメ!2014年春の子どもや若者の支援に関する「教育・福祉」関連イベント!

2014年4月~5月に開催される予定の子どもや若者の支援に関連する「教育・福祉」のイベントをまとめました!すでに子どもや若者の教育・福祉に関するお仕事をされている方、目指している方はもちろんのこと、興味・関心をお持ちの方ならきっと素敵な仲間と学びを得られるイベントです!

チャンス・フォー・チルドレン活動説明会

4月25日19時~20時30分@SAPジャパン東京オフィス 11Fトレーニングルーム(半蔵門駅直結)

チャンス・フォー・チルドレン活動説明会

今年度よりチャンス・フォー・チルドレン(CFC)が活動説明会を実施します!!日本の子どもの貧困・教育格差という深刻な社会課題に対して、「学校外教育バウチャー」という新しい課題解決の手法で挑むCFCの取り組みについて代表の今井がお話します。日本の教育格差の問題に関心がある方、ソーシャルビジネス・社会起業等に関心がある方、いつもの金曜夜とは違った時間をCFCと過ごしてみませんか?皆さまのご参加をお待ちしております!

ADDS公開セミナー:すべての子どもに学びとやりがいを

4月27日(日)14:00~17:40@東京・匠ソホラ6Fセミナールーム

ADDS公開セミナー:すべての子どもに学びとやりがいを

幼少期には家庭や親子関係がお子様の世界の多くを占めます。就学を迎え、お子様は少しずつ学校や友人関係などの社会に居場所を探し始 めます。また、お子様の就労は保護者の方にとって幼少期から不安の多いテーマです。

今回のセミナーでは、様々なライフステージの多様な支援を取り上げ、幼少期の家庭療育、学齢期でのフリーススクールにおける支援、青年期の就労支援について、先端的な取り組みでご活躍中の講師の先生方とともにご紹介いたします。

3keys:子どもを取り巻く問題について学ぶ Child Issue Seminar

5月30日19時~20時30分@東京・日本マイクロソフト株式会社

3keys:子どもを取り巻く問題について学ぶ Child Issue Seminar

コンクリートから人へ- これは今回講師としてお招きした、元文部科学副大臣の鈴木寛氏が、掲げていたキャッチフレーズでした。

学習塾が当たり前の時代になり、学校はどこまでを担うべきか。学校内で支援が必要と判断された児童生徒が18%にいたり、不登校や保健室通いの子どもたちも増えていると言われている中で、今の学校教育は果たして、理想の形なのか。学校を取り巻く疑問、不安はたくさんあるかと思います。

高校無償化、希望者全員奨学金・所得連動の返済型無利子奨学金制度の導入、30年ぶりの学級編制標準の見直し(小学校1年生の35人学級実現)、3年間で1万人超の教員定数改善などを務めた、元文部科学副大臣の鈴木寛氏と一緒に、子どものための理想の学校について考える会を開催します。

Author:Eduwell Journal 編集部
本記事は、岩切準が担当。Eduwell Journalでは、子どもや若者の支援に関する様々な情報を毎月ご紹介しています。子どもや若者の支援に関する教育や福祉などの各分野の実践家・専門家が記者となり、それぞれの現場から見えるリアルな状況や専門的な知見をお伝えしています。
この記事が気に入ったら
「いいね!」や「フォロー」をお願いします。
最新情報をお届けします。
Eduwell Journal
タイトルとURLをコピーしました